サーティーブログ

東京都、埼玉県、群馬県、長野県の自動車販売店サーティーのブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

車が蘇る!

こんにちは、長野県佐久市の4WD車専門店サーティー長野・軽井沢 4WD専門店の石垣です。

今日は中古車を買う時にどうしても気になる外装の磨き傷や色のくすみを、新車の時の様な輝きにするボディーコーティングの作業についてちょっと触れてみたいと思います。

まだ私が東京の調布にあるサーティー調布店(現在のサーティー東京)で営業マンとして働いているころ、年末の最終日はスタッフ全員で在庫車すべてにWAX掛けをしていました。
私はソフト99の半練りよりも、シュアラスターの固形が拭き取りやすくて好きでした(^^)
実はあの頃が車屋として一番楽しかったかもしれません・・・(笑)

そんなWAX時代に終止符を打ったのがポリマーの存在でした。
いやぁー水気を拭き取る工程がなくなったので、洗車が一気に楽になりましたね(^_^.)
WAXほどではありませんでしたがそれなりの光沢もありました。

では現在ではどうなったのかと言いますと・・・
「そう!ガラス系コーティングです」
これは水洗い(洗剤不要)したら拭き取るだけで、ガラスのような光沢がでる訳です。



サーティー長野・軽井沢 4WD専門店フェイスブックページもございます。
よろしければ記事を読む前に  いいね! をお願いします。
 



どれだけ光沢が出て、塗装面が蘇るのか?! 
ということでガラス系コーティングのデモカーを作成してみました。
<平成18年式 日産 キューブ 外装色:ブラック 走行距離:14.6万㎞>

百聞は一見にしかず!と言うことで写真をどうぞ!

    ← ガラス系コーティング済み                未実施 →
IMG_5452.jpg IMG_5451.jpg

※もちろん画像加工とかしてませんよ(^_^.)

その証拠に半分半分がこれです。
IMG_5445.jpg IMG_5446.jpg

当店のショールームに展示中。

このガラス系コーティングは約6年ほど前から専門スタッフによって仕上げてお客様にご提供して参りました。

施工を開始してからは不満の声を頂いたことはゼロ! 本当ですよ。

施工工程が複数あり、一台を完全に仕上げるまでに掛る日数は約3日!

簡単に作業工程を説明致します。

1.専用のカーシャンプーで外装の細かい汚れを除去します。
2.塗装面に浸食した鉄粉を業務用の鉄粉除去粘土て丁寧に除去します。
3.一度完全にボディーを乾燥させます。
4.細部のマスキング作業を行います。
5.専用の機械で専門スタッフが外装の粗研ぎをします。
6.研磨剤をきれいに除去します。
7.専用の機械で塗装面の磨きを行います。
8.磨き材をきれいに除去します。
9.専用の機械で塗装面の仕上げを行います。
10.仕上げ材をきれいに除去します。
11.コーティングの下地材を塗り残しが無いように塗装面に塗ります。
12・コーティング剤を塗装面すべてに塗ります。
13.マスキングテープをきれいに剥がします。
14.室内で2日掛けて乾燥させてます。
15.コーティングの施工状況の最終確認を行います。

これでも簡単に説明したつもりなんですが、結構な工程数でしたね(笑)
プロのコーティング店ばりに出来には自信あり!(もしかしたらそれより上出来かもw)
当社から独立してコーティング店を開業している方もいるほどです。

お車をご購入いただいたお客様だけではなく、一般でお持込み頂くお客様も大歓迎です。
お預かりの間は代車も無料で貸し出しております。

もう一つとっておきのがあるんですが、それはまた次回 (^^ゞ


下記のGoogleマップはサーティー長野・軽井沢 4WD専門店へのアクセス方法を調べる際にご活用ください。



スタッフ一同、お客様のご来店心よりお待ちしております。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。